石・タイル工事/施工例/コストダウン 地盤調査終了後、地盤改良が必要な土地では、住宅の重みや地震などでの地盤沈下を防ぐため、地盤の強化工事が必要です。 浅めで、弱い地盤に対しセメント系固化材の粉末と土を、バックホウ等を用いて混合撹拌を繰り返し行い、その後転圧、締固めを行う工法であり、ごく一般的な改良工法です。 専用の「EGケーシング」&「施工管理装置」を装備した小型地盤改良専用機械を用いて砕石杭を地中に構築し、地盤の強度を上げる地盤改良の工法です。 自然の砕石を使用した杭の為、人体・環境にも害を与えず、地震・液状化現象にも力を発揮する、「最新・最高の地盤改良工法」です。
従来の地盤改良工事では、地中深くまで杭を打ち込む必要が有りました。これに対してエコジオ工法の砕石杭は、建物の重さを地中に分散させて受け止めるため、従来より浅い杭でも同等の強さを発揮します。 どんなに立派な家を建てても、その家の地盤がしっかりしていなくては、安心には暮らせません。 当社では、住宅建設で一番必要な、土地(地盤)の強度に着目し、エコジオ工法を用いて土地(地盤)の補強工事を行っています。 従来の地盤改良工法は様々な人工物が地中に埋め込まれますがこれらの人工物は年月が経つにつれ劣化する可能性が有ります。エコジオは、「自然の砕石」だけを使う地盤改良工法です。その為、セメント系固化材を使う地盤改良と比べ、発がん性物質である「六価クロム」が発生する心配が有りません。又、不動産鑑定評価基準における土壌汚染や、地中埋設物に当たらず土地の評価を下げません。 ※エコジオ工法は、大手地盤保証会社の「地盤保証」が適用される為、さらに安心です。 ※地震時に発生する地盤の液状化。エコジオ工法の砕石杭は、グランベルドレーン工法と同様の効果が期待できます。 *グランベルドレーン工法とは、堤防や、大型建築物を構築する場合、地中に柱状に砕石を埋め込み、地震時に地中より上がって来る水を通りやすくする方法で液状化対策に役立っています。